読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4D界隈

別世界からウインクしてる

ありがとう、そしてこれからもよろしく

 

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新譜『荒野を歩け』と、結成20周年記念BOX『AKG BOX』を買って、早速聴いているところ。

 

『荒野を歩け』は、正直ここ最近のシングル(と言ったって去年から現在までで3枚しか出してはいないのだが)で一番好きだ!と思った。Right Nowとブラッドサーキュレーターが悪いというわけではないのでそこはご留意願いたい。

かっこいいとか、そういった形容詞で表すようなものじゃなくて、ただひたすらに『僕たちの好きなアジカンって、そういえばこういう感じだよね』と再認識させてくるような一曲であるように思う。

じゃあ前2作がアジカンらしくなかったっていうのか!?というのもそういうわけではなく、荒野を歩けという一曲がバリバリにアジカンを感じさせてくるのである。

それが特に感じられるのが「背面三回宙返り」からのメロディかなと。聴いたらアジカンのメロディだよ!あーめっちゃアジカン!これめっちゃアジカンのメロディだ!!と無駄にアジカンのメロディというワードを出してしまったくらいにアジカンなのだ。マニアックなところになってしまうけれど、アジカンの曲のCメロが好きな人なら絶対好きだよ、って言いたくなるメロディなのだ。(ただここのメロディをCメロと言っていいのかはわからない。この曲においてはBメロかな) 

 

そしてこれが東宝系映画「夜は短し歩けよ乙女」の主題歌である、ということも忘れてはならない。YouTubeにアップされているMVや予告を見て、これはエンドロールで流れるのを想像しただけでもう私はじわじわと泣けてきてしまうのだから、まあそれなりに重症だよね!と自覚はしている。

アジカンのこれまでの映画主題歌曲、(『ピンクとグレー』に関しては未見なので述べられず申し訳ないのですが)『鉄コン筋クリート(以下鉄コン)』における『或る街の群青』、『横道世之介』における『今を生きて』、主題歌としての役割を見事に務めているのだ。

鉄コンのエンドロールで流れる或る街の群青の爽快感たるや、贔屓目なのは重々承知で「アジカンが主題歌で良かった!」と心底思っているし、(RADWIMPS野田洋次郎が過去に自身の連載において「アジカンに鉄コン主題歌が来たのマジで悔しかった」と発言していて、もしRADだったら…と考えたらいや!アジカンで良かった!アジカンだからこそあのエンドロールが!と今でも思う)(RADファンの方々、気を悪くしないでくださいね)

横道世之介のエンドロールでの今を生きては、横道世之介というストーリーを振り返り噛み締めさせる力が素晴らしかったと、私は感じている。おかげでエンドロールでほろほろ泣いた。2時間40分という映画としては長い物語の終わりに相応しい、優しさと強さと輝きを併せ持った主題歌だった。

これらを踏まえた上で、『夜は短し歩けよ乙女』の主題歌としての『荒野を歩け』に期待せざるを得ないのだ。森見登美彦×中村佑介×湯浅政明×アジカンは『四畳半神話大系』という実績もある!と、自らでハードルを上げてしまうと後々首を絞めることになってしまうけれど。

それでもいい。馬鹿みたいに胸を打たれているのだから、それくらいハードル上げたってきっと大丈夫なんだ、応えてくれる。と、これまでのずっと好きな自分は信じているのだ。

 

『荒野を歩け』、ちょっとアジカンから離れちゃったなって人にも是非聴いていただきたい1曲である。結成20周年を迎えて、またこれから向かっていくアジカンの音楽が素晴らしいものになるよ、と伝えてくれる1曲だと思うので。

 

そしてAKG BOX。

発売前にTwitterで「新規音源は特になし、ブックレットは総まとめのようなもの、プラスサイン入りミニ色紙、それで2万…」とかブツクサ言っててすみませんでした、という気持ち。

しかしこう言ってたにも理由はあって、2016年に同じく結成を迎えたTEAM NACSの20周年記念BOXは新規撮り下ろし特典ディスク込みのブルーレイ6枚組で定価2万(各通販サイトにより価格に変動があります)だったので、Blu-spec2CD12枚組にサイン入りミニ色紙付き、しかし新規と呼べるものはなし…それで2万とか考えてしまったのです。(椎名林檎の10周年記念のときがリマスタリング4枚組のポスター・ステッカー・音声付きBOXで9000円だったかということを考えたら相応か、いや安いのかと椎名林檎と比較して気付いた…しかしブックレットの編集はこちらの方が美しかったし未発表のカットもあったのでお得だったかなと思う)

まあ愚痴や文句はひとまず置いとくとして。

いや、Blu-spec CD2のことを舐めていた。申し訳ありませんでした。音質、オリジナルより全然向上してる!!こりゃよりいい音で聴きたいって思ってる人にはたまんねえやつだぜ、という感じです。

まず音の厚みが違う。ギターの音の厚みがグッと増してる、低音の強化すごい、ドラムの音が細かく聴こえる気がする、これらによってアンサンブルがより強固なものになっている…と感じています。アジカンの中で一番聴いているアルバムがファンクラブなんですが、ファンクラブ聴くとそれがすごいわかる…。いや、これはアジカンを聴いた人で中でもどのアルバム一番聴いたかで変わる気がするけど。

いや、リライトとかも音圧が上がっているんですよね。印象がちょっとゴリゴリ寄りに変わった。N.G.Sも音の厚みがドンと増してうわ!バキバキ!って印象になったり。

とは言ってますが、まだこれを書いてる時点でファンクラブまでしか聴けてはいないわけです。しかし、より良い音で聴けるなら2万って全然安いね。ペイした甲斐があったよなと、そんな気持ちになってます。 

あとは手元にある満足感がすごい。12枚組って伊達じゃない。またこの12枚が私の青春並びに人生の半分を振り返るようなものなので、それによってその満足感はさらに高まるわけです。多分この満足感高まる系の人は私だけじゃないはずだ。アジカンが青春だっていう人、みんなそうなるだろうな。

文句を言いつつも結局デレッデレになるので、私はアジカンの犬だな!と思います。躾けられている。これからも彼らが存在し続ける限りは私は喜んで彼らの犬になることでしょう。

AKG BOX、アジカンが好きで好きでたまらない人には垂涎モノのアイテムだと思います。

 

そして、ここまで読んでくださった方は「あの、トリビュートに関しては?」とお考えになられるでしょうが、ノーコメントとさせてください…。

頭カチカチの信者みたいなヲタクなので、自分は自分が聴けると思ったアジカンしか聴けねえんだわ!!!!困ったね!!!!現時点で私が聴けるアジカンカバーは奥田民生による君という花くらいです。いや、これはもう奥田民生の人の曲を自分のものにしちゃう力が絶大だからなのもあるよなあ。(この力が強いのはあとはスピッツだと思う)

私は草野マサムネ及びスピッツが何らかの間違いで、嘘とワンダーランドをカバーするトリビュートが出るまでは、アジカンのトリビュートは聴きません。いや、聴くかもしれないけど買いまではしない…何回も聴き返すなら買おうと思うけど、自分にとっては買ったところで一回聴いたらもういいです、ってなりそうなトリビュートだっていうのがあるわけですよ。

こんなこと言ってるけど、本当はトリビュート大好きなんですよ。いつかこれが受け入れられる日が来るように、誰か私の頭をかち割っておいてくださいませ。よろしゅう。